Loading...

ブログ・お知らせ

NEWS

☆園長のつぶやき☆

2学期が始まり1週間が過ぎました。

今年の夏休みもコロナの関係で外出もままならぬ中

ご家庭で過ごす時間も多かったことと思います。

そんな中、東京オリンピック・パラリンピックが開催されました。

子ども達の夏の思い出のひとつに

「オリンピック・パラリンピックを観戦しよう!感じよう!共有しよう!」を

テーマに観戦準備に取りかかりました。

7月に入ると幼児クラスでは世界の国旗作りをしました。

国旗の塗り絵を好きなだけ楽しみ、お部屋中に飾りました。

お部屋の雰囲気は、子ども達のたのしい気持ちを盛り上げてくれました。

この活動を通して国旗に興味を持ち、世界の国旗を次々言える子も出てきました。

 

当日は子ども達の集中力を考慮し、

簡単に競技をまとめたハイライトを2日間に分けて観戦しました。

大きなプロジェクターを通して

それぞれのスポーツで活躍する選手の姿や

自分の好きな国旗の国の選手を思い思いに応援する姿がとても微笑ましく感じました。

 

「がんばれ~」「すごい」「かっこいい」等の声援と同時に表情にも現れ、

全身で応援していました。

選手たちの「最後まであきらめない姿」に何かを感じ取ってくれたことと思います。

☆幼児クラスでは8月27日に「きらりオリンピック」を開催しました。(詳しくは、ブログをご覧ください)

 

園生活の活動や行事等も中止にすることは簡単です。

勿論、感染拡大防止のためにそうせざるを得ない場合もあり、様々な場面で判断に苦しみます。

一方、マスク着用や1日3回の検温、黙食、交流を控えるなど色々な制限を強いられている子ども達には、

これまで以上に楽しむ体験、友達との共有体験を意識的に作っていく必要があると感じています。

コロナ時代のこども達には「できない」ことを諦めるのではなく、

「工夫し楽しみながら取り組む」姿勢、

「仲間と気持ちを共有する」姿勢を身近な私達大人を通して育んでいきたいと思います。

 

この記事を書いた人

きらりスタッフ
最新の投稿